子どものためには加入すべき!?学資保険の最近のトレンドとは

ネットの広告や雑誌などでもいろいろな保険会社の学資保険を見かけますよね。それでは、最近の学資保険のトレンドとはどのようなものなのでしょうか。こちらのページではそのポイントをご紹介します。

学資保険の必要性

まず学資保険が売れている理由としては、昭和時代より年収が下がっていることが挙げられます。昔は「お父さんの収入」で十分に子供を進学させることができていたかも知れませんが、今の時代はとても不安定です。

しかし、逆に、子供は大学まで進学させることも当たり前になった時代ですので、学費を計画的に貯めておこうと思う親御さんが増えていることが挙げられます。

中には「保険なんて要らない」という人もいるかと思いますが、学資保険は銀行の定期預金などよりは良い利率でお金を貯めることができます。また、18歳までなどと加入時に満期を決めておけるため、計画的に積み立てすることができるのもポイントです。

もし普通の預金だと、他に使い道ができてしまった際には崩してしまう可能性もありますよね。しかし「子供のため」と明確に決めて積み立てる学資保険はなかなか手は付けられません。また、途中で解約してしまうと元本割れする期間も長いため、もったいないという思いから解約は避けることができるのも事実です。

このように多少の縛りがあることで、子供が大きくなるまでしっかりと貯金をすることができるのです。

学資保険に加入したくなったら、どのように選ぶべき?

まずは、いくつかの保険会社の資料を見比べましょう。なぜなら保険会社によって「予定利率」というものが違うからです。この利率によって、どれくらい学資が貯まるかが決まってきます。せっかく積み立てを始めるのですから、1円でも多く貯めたいと思うのが親心でしょう。

また、学資保険には実は2種類あります。まずは「ひたすらお金を貯めるための保険」です。これは18歳などの満期時までに少しでも学資を貯めたいと思う親御さん向けのものです。

もうひとつは「こども保険」とも呼ばれる、「育英年金」が付いているタイプです。これは親に万が一のことがあった際には、数回に分けた育英年金が出るタイプです。貯金機能だけでなく親御さんの体にもかかる保険のため、貯まる率は低くなります。

しかし、もし親御さんに何かあったら一気に生活が崩れてしまうご家庭や母子家庭、また大きな生命保険に加入していない場合などにはいい保険でしょう。

このように商品別のメリットとデメリットがあるため、加入の際には必ず何種類かを比較してから加入するようにしましょう。

学資保険の契約時に気をつけたいことは?

学資保険を契約する時にはプランとして何通りか組んで持ってきてくれますが、特に何も注文を付けなければ15,000円で支払える額の契約プランを提示されることが多いです。

これは0歳児のもらえる子ども手当てが1ヶ月15,000円ということで、その積み立て原資を子ども手当で検討している場合には要注意です。第一子・第二子の場合には3歳以降は月10,000円になりますし、何番目の子どもでも中学卒業と同時に子ども手当は終了してしまいます。

学資保険の契約は一般的には加入した時点から高校卒業までの契約がほとんどです。大学受験を控えて教育費がかかる頃にまだ支払わなくてはいけないということを忘れてはいけません。

契約をする時には言われるままに契約をするのではなくて、支払える額の契約をすることが大切です。プランによっては、中学入学前、高校入学前、大学入学前と分割して受け取れることもありますので、保険会社によって異なるプランで比較検討してみると良いですね。

おじいちゃん世代に入ってもらうのもトレンド

また、最近はおじいちゃん・おばあちゃんが契約者になりお孫さんに学資保険を掛けることも増えています。子育て世代よりも資産が多い世代のため、孫のためにという考えで決まることも多いですね。

ここでの注意点は、おじいちゃん世代が加入する場合は「一括払い」「短期払い」が基本という事です。残念ながらお孫さんが18歳になるまで元気とは限りませんので、長くても「5年払い」などというパターンでしか加入ができません。

しかし、そのような加入方法の方が結果的に貯まる金額も多いため、もしお孫さんのために何かしたいというおじいちゃん・おばあちゃんがいたらお願いしてみるのもひとつでしょう。また、年齢や金額などの加入の要件は保険会社によって違うため、何社か問い合わせをしてみるようにしましょう。

学資保険はお子さんの将来のためにとても有益な保険と言えます。いろいろな種類があり迷うこともあるかと思いますが、じっくり考えて、家族の未来に備えるようにしておきたいですね。

※ポイント※学資保険を選ぶ際は学資保険比較サイトで必ず比較し、自分の合った条件の学資保険はどれかをしっかりと検討することが後悔のない選び方といえるでしょう。